編集部が見たもの きままにきまぐれレビュー

編集部が普段きままに購入してるもの、ざっくりぼんやり書いちゃいます

第一回

『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔』

記念すべき第一回目は人気ビブリアシリーズの4冊目。

今回は栞子さんの10年近く音信不通だった母親が話に関わってきたり、古本屋として馴染みの人々の過去の話が関わってきたりします。

話の流れとしては江戸川乱歩の本の収集家の家に住む女性が、亡くなった恋人の残した古い金庫を開けてはもらえないだろうか?というもの。

この女性自身ちょっと複雑な身の上だったり、話に複雑に古本屋仲間が関わってきたり。

江戸川乱歩好きな人には馴染みなタイトルがよく出てくるので、そんなところも楽しめたりするのではないでしょうか。

今回は色んな意味で急展開でした。

 

発行:アスキー・メデイアワークス

作者:三上延

 

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから